ごくごく飲めちゃうタンパク質補給ドリンク(レシピ付)

昨日の記事 で神経伝達物質の材料について触れました。

スクリーンショット 2018-09-05 15.10.47

—日本発達障害コンサルタント養成協会「栄養学講座」より

心のバランスを整える神経伝達物質のセロトニンはタンパク質であるトリプトファン(必須アミノ酸)が材料です。

このトリプトファンが含まれている食材を簡単に覚える方法があります。

…カツオ

…しいたけ

…こんぶ

…いりこ(小魚)

…ナッツ

か・し・こ・い・な」です。

あら不思議!これらの食材は和食のお出汁の材料ばかりであることに気づきませんか?!

カツオ出汁、しいたけの出汁、こんぶ出汁、いりこ出汁、どれも美味しい日本のお出汁ばかりです。先人たちはこの智慧で精神状態を整えてきたのでしょう。お手軽な粉末出汁や化学調味料なども便利ですが、先人の知恵である日本のお出汁も是非暮らしに取り入れてくださいね。お出しについては、また別の記事で書きたいと思います。

そして、トリプトファンの話には続きがあります。トリプトファン(アミノ酸)から神経伝達物質であるセロトニンが作られたあと、さらにメラトニンが合成されるのです。セロトニンからメラトニンを合成するにはミネラルであるマグネシウムが必要となります。

メラトニンは睡眠ホルモンと言われ、体内時計を調整してくれます。朝起きてから、1日が終わる夜になると自然と眠たくなるのは、このメラトニンが分泌されるためなのです。

 

それでは、心のバランスを整え、しっかりと睡眠をとるためのドリンクを今日はご紹介します!

【ごくごく飲めちゃう!豆乳きな粉バナナジュース】

DDBE1EF4-CFCE-40F2-9726-339E578883FD

豆乳ときな粉は大豆が原料です。タンパク質やミネラルをしっかりと補給できます。バナナには、トリプトファン、ビタミンB3、ビタミンB6、葉酸、鉄、マグネシウムが含まれており、セロトニンやメラトニン合成の材料が揃います。おやつにも、朝食にもオススメです。

(用意するもの)

・豆乳…1カップ(200ml)

・バナナ…1本

・きな粉…大さじ1

・ミキサーまたはバーミックス

(作り方)

全てをミキサーに入れて撹拌します。バナナだけで十分甘さはありますが、足りない方はハチミツや甘酒などお好みで加えてくださいね。

バナナを冷凍しておくと、いつでも作れて冷え冷えドリンクが楽しめますよ!

 

今日を丁寧に、そして大切に。

 

 

 

 

“ごくごく飲めちゃうタンパク質補給ドリンク(レシピ付)” への1件の返信

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中